光目覚まし時計 おすすめランキングベスト3(光目覚ましの選び方)

私が今まで購入し、実際に使用してきた光目覚ましのそれぞれの使用感を元に比較して、おすすめの光目覚ましランキングベスト3を作成しました。
光目覚ましの選び方で迷っている方、比較したい方などの参考にしていただけるとうれしいです。

おすすめランキング暫定第1位? 睡眠リズム照明 トトノエライト totonoelight
第1位 光目覚まし時計 inti4s

ムーンムーン トトノエライト totonoelight

ムーンムーン社の光目覚まし時計inti4sの後継機。
朝起きるだけの機能だけでなく、夜もぐっすり眠れる光を放ち
生活リズムを整えてくれる光目覚まし時計。
新しい商品カテゴリとして、睡眠リズム照明という新たなカテゴリに挑戦。
ネット上の口コミはこれから調査します。

商品名 睡眠リズム照明 トトノエライト ムーンムーン
販売元 ムーンムーン
価格 29,120円(税込)
仕様 最大20,000ルクス!20cm離れて3350ルクス!夜は赤色LED、朝は白色LEDの光

私が1番使ってみたい新しい光目覚まし時計。

おすすめランキング第1位 光目覚まし時計 inti4s
第1位 光目覚まし時計 inti4s

光目覚まし時計 inti4s

ムーンムーン社から出ている光目覚まし時計です。
ネット上の口コミも良く、今日本で一番使われている光目覚まし時計ではないでしょうか。

商品名 光目覚まし時計 inti4s
販売元 ムーンムーン
価格 27,700円(税抜)
明るさ 20,000ルクス(圧倒的な明るさ!)

私が1番おすすめする光目覚ましです。

※買ってはいけない!※光で起こす目覚まし時計 ルミエール

Hallomall Wake-Up Lightwith Radio
商品名 光で起こす目覚まし時計 ルミエール
販売元 トレードワン(Trade One)
価格 3,000円前後(販売店舗によって異なります)
明るさ 2,500ルクスに達しないため、おすすめしない。

※買ってはいけない!※Hallomall Wake-Up Lightwith Radio

Hallomall Wake-Up Lightwith Radio
商品名 Hallomall Wake-Up Lightwith Radio
販売元 Hallomall
価格 3,080円(税込)
明るさ 2,500ルクスに達しないため、おすすめしない。

※買ってはいけない!※YABAE Wake Up ・Sleep Therapy Light

YABAE Wake Up Light
商品名 YABAE Wake Up ・Sleep Therapy Light
販売元 YABAE
価格 4,985円(税込)
明るさ 2,500ルクスに達しないため、おすすめしない。


※買ってはいけない!※YABAE Wake Up Light

YABAE Wake Up Light
商品名 YABAE Wake Up Light
販売元 YABAE
価格 3,985円(税込)
明るさ 2,500ルクスに達しないため、おすすめしない。


※買ってはいけない!※LED目覚まし「おはようライト」 LEDARMP8

51IR7Mqs4kL._SY355_
商品名 LED目覚まし「おはようライト」 LEDARMP8
販売元 サンコーレアモノショップ
価格 5,980円(税込)
明るさ 20,000ルクス(ただし、目の保護レンズがないため、おすすめしない。)


※買ってはいけない!※Vansky Wake Up Light 目覚まし時計

51IR7Mqs4kL._SY355_
商品名 Vansky Wake Up Light 目覚まし時計
販売元 ヴァンスキー(Vansky)
価格 3,880円(税込)
明るさ 2,000ルクス(照度不足)


おすすめランキング第2位 Wake-Up Light HF3520
Wake-Up Light HF3520

hm02
商品名 Wake-Up Light HF3520
販売元 フィリップス(Philips)
価格 22,000円(税込)
明るさ 10,000ルクス


おすすめランキング第3位 ブライトライトME+
第3位 ブライトライトME+

ブライトライトME+
商品名 ブライトライトME+
販売元 ソーラートーン
価格 39,800円(税込)
明るさ 12,000ルクス


「光目覚まし時計」の存在をあなたは知っていますか?

光目覚ましとは読んで字のごとく、光を使った目覚し時計です。

あらかじめ起きる時間をセットしておくと・・・
アラーム音と共に、ライトが点灯し、その強い光でもってスッキリと目覚めることが可能です。

top01a

「スッキリと目覚めることが出来ない。」
「朝、起きるのが辛くて辛くて仕方がない。」
「曇りの日は特に、起きた直後から眠気を感じる。」

あなたは、このような悩みを感じたことはありませんか?

もしあなたが、「毎朝スッキリと目覚めて、1日を元気に過ごしたい。」と考えているのであれば、是非一度、この光目覚ましを試してみることをオススメします。

というのも、ずっと睡眠に関して悩まされてきた私が、この光目覚ましを使用するようになってからというもの、朝はスッキリと目覚め、夜はぐっすりと眠れるようになったからです。

これは、私の体験に過ぎないというわけではなくて、きちんとした科学的な裏付けがあります。

というのも・・・
人が感じる眠気と強い関係があるのが、メラトニンというホルモンです。

メラトニンの分泌レベルが上昇すると、人は眠たくなりますし、逆にメラトニンの分泌レベルが低下すると、眠気を感じなくなります。
つまり、メラトニンは、睡眠を考える上で、欠かすことの出来ない大事なホルモンです。

そのメラトニンの分泌に、大きく影響を与えているのが光です。

明るい光が視界に入るとメラトニンの分泌レベルは低下します。
朝、太陽の光をあびるとスッキリと目覚めることが出来るのはこのためです。
逆に、夜になったら、このメラトニンの分泌レベルを低下させないために、極力明るい光をさけ、就寝時刻が近くなったら、部屋の明かりを暗くしておくことが、寝付きを良くする秘訣です。

つまり、雨の日だろうと何だろうと、毎朝起きた直後に、太陽と同程度の光を浴びることで、毎朝スッキリと目覚められるということです。
そして、スッキリと目覚めて1日をアクティブに活動することで、夜はぐっすりと眠れるようになります。

top02a

私自身、この光目覚ましを使用するようになってからというもの、念願の朝型生活が実現出来るようになりました。
太陽光が出ていない日でも、起床直後から強い光によって目が覚めますので、生活リズムを崩すことがなくなりました。

事実、アメリカをはじめとした先進国では、この光目覚ましは非常に人気のある目覚まし時計です。

しかし、日本では光目覚ましの存在自体知らない人が多いのが現状ですし、商品の種類も少なく、選択肢もほとんどないのが現実です。

「光目覚ましの存在を多くの人に知ってもらい、そしてより良い光目覚ましがお手頃価格で手に入る国にしていきたい。」そんな思いでもって、私はこの「光目覚ましのススメ」を運営しています。

数は少ないですが、各社から発売されている光目覚ましの比較や、体験レポートを中心にお届けてしていきますので、是非見てみてください。

そして、あなたが毎朝スッキリと目覚められるようになったり、睡眠の質が向上したり、規則正しい生活を送ることが出来るようになったら、それは私にとって非常に嬉しいことです。

投稿日:2016年1月10日 更新日:

Copyright© 光目覚まし時計 , 2022 AllRights Reserved.