睡眠コラム

起床時刻を一定にすると知的発達の早さに影響

投稿日:

 

今回は、「起床時刻を一定にすると知的発達の早さに影響」について紹介します。

 

1歳児の睡眠に関する調査で

 

「起床時刻が一定」であることと「知的発達の早さ」には関係がある。

という研究結果が公表されています。

 

知的発達が早く大脳が成熟しているとみられる子は、起床時刻にばらつきが小さかったのに対し、発達の遅い子は幅が大きかったのです。

 

 

これは子どもだけではなく大人にも言えることです。

 

寝る時刻はバラバラというのは、仕事や家事、趣味などで仕方ないですが「起床時刻は一定に保つ」ということはとても大切です。

 

また、起床時に目覚めのスイッチを入れ体内リズムを整えるためには、朝日と同等の2,500ルクス以上の明るさの光を浴びると、脳と身体が活動し始めます。

 

 

しかし、研究結果のように起床時刻を一定にして「朝日を活用する」のは難しい問題があります。

 

◆夏場は日の出が早く、冬場は遅い

◆雨の日、雪の日は暗い

◆太陽からは紫外線が出ていて日焼けする

 

などの理由により、朝日を浴びたくても浴びられない状況があるかと思います。

 
 

そのため、朝日と同等の光を放つ「光目覚まし時計」が重宝されているんですよ。

 

 

もし、あなたも朝日を浴びたくても浴びられない状況であれば、「光目覚まし時計」の活用を検討されてみてください。

 

<あわせて読みたい人気記事>

・オススメの光目覚まし時計ランギング

-睡眠コラム

Copyright© 光目覚まし時計 , 2022 AllRights Reserved.