睡眠コラム

【最新情報】赤い光が寝付きを良くする

投稿日:

 

今回は、「光」と「睡眠」の関係性について紹介します。

 

「起床時」に光を浴びることが重要である

ということは睡眠業界において周知の事実です。

 
 

では、「就寝時」はいかがでしょうか。

 

 

スマートフォン等が放つブルーライトは、睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の分泌を妨げてしまいます。

そのため、眠れないからといってスマートフォンを長時間操作していると、眠れない要因となります。

 

しかし、最新の研究において1つだけ入眠を妨げない「光」があるということが判明してきました。

 

それは・・・

 
 

「赤色」の光です。

 
 

あなたも経験があるかもしれませんが、昔の写真を現像する暗室で眠くなった経験はありませんか?

 

 

赤色の光は、メラトニンの抑制に影響を与えないからです。

 

また、人間は古来から朝になると太陽の光で目覚め、夕方には夕日を浴びて眠気が徐々に訪れ眠る。

という体内リズムが組み込まれています。

 

上記などのことから、就寝時には「赤色の光」を浴びることが良いといわれているのです。

次回の投稿でも、「睡眠と赤色の光」について詳しく紹介したいと思います。

-睡眠コラム

Copyright© 光目覚まし時計 , 2022 AllRights Reserved.