LED目覚まし「おはようライト」 LEDARMP8

img_02item01a
 
(2017年7月24日追記)
現在、このLED目覚まし 「おはようライト」 LEDARMP8よりも性能が良い光目覚ましinti4をおすすめします。
 

こちらも光目覚ましとしては
安価な5,980円という金額で購入し試しました。

img_02item01a

明るさは2,500ルクス出ていましたが
使ってみてとんでもない事実が発覚しました。

なんと、人の目をLEDの強い光刺激から守る
保護レンズが装着されていません。

安く売るために機能を省いたと
書いてありましたが、省いてはいけない
保護レンズまで省いてあり
これを使った人の目に障害が出ないか心配です。

安物買いの銭失いと言いますが
お金だけでなく視力などまで失いかねない商品です。

それでも安いからこれを買うという人は
ご自身の責任の範囲でお願いします。

img_02item02a

こちらの光目覚ましは安価な携帯アクセサリーなどを
販売されているサンコーから発売されている商品です。

5,980円と安い値段で魅力的に見えます。

クネクネ曲がる棒も付属されています。

実際に購入をしましたが
中国などで安く仕入れた物を
5,980円で売っているだけかな?
というチープな印象でした。

肝心の明るさですが
MAXでは2万ルクス位ありましたが・・・

このおはようライトには
LEDの光から目を守る保護レンズが
装備されていません。

保護レンズがないと3秒LEDを見ただけで
目にLEDの残像がずっと残ります。

これを毎日使うと考えると目に障害が出るのではと
怖くなってしまいます。

とても安い商品なのでコストを下げる事ばかりに
頭がいってしまい、消費者の目を守るという
大事な事に目がいっていない恐ろしい商品です。

おはようライトの5,980円で目を捨てますか?

私が推薦しているinti SQUAREの26,800円で
目を守りながら快適な目覚めを得ますか?

安い物には安い理由があります。

ご利用はご自身の責任でお願いします。

 
(2017年12月1日追記)
上記の内容は光目覚ましinti4が日本で発売される前に私が感じていたことです。
現在では、日本でも日本仕様の価格も光目覚ましinti4が販売されています。

 

投稿日:2017年7月24日 更新日:

Copyright© 光目覚まし時計 , 2022 AllRights Reserved.