アコードインターナショナル サンライズクロック

(2017年12月1日追記)以下の内容は光目覚まし時計inti4が日本で発売される前に私が感じていたことです。
現在では、このサンライズクロックよりも性能が良い光目覚ましinti4をおすすめします。
img_05item01a

サンライズクロックはアコードインターナショナルが輸入、販売している光目覚しです。

朝、太陽がのぼり、夕方太陽が沈むのと同じように、約15分から90分かけて徐々に明るくなったり、暗くなったりするのがこのサンライズクロックの特徴です。

徐々に明るくなったり、徐々に暗くなったりすることで、自然な目覚めや自然な入眠が可能であることが、最大の売りということで、私もこの商品を購入して試してみました。

寝る90分前から、部屋の照明を消してこのサンライズクロックのみにしたのですが、徐々に暗くなっていくのは、たしかに眠気を誘います。丁度キャンプに行った時のように、太陽が沈んで暗くなるに従って眠りにつくのと同じように、スムーズに睡眠へと入っていくことが出来ました。

しかし・・・
光目覚しとしての機能は、私には不十分でした。

というのも、このサンライズクロックは、最大でも明るさが2,000ルクスしかありません。

睡眠に関する複数の書籍を読んだところによると、眠気を飛ばすためには、2,500ルクス以上の明かりが必要とのことですが、このサンライズクロックの2,000ルクスは、その基準に達していません。

私の実感としては、少し明るくなった程度では、スッキリとした目覚めは実現しないように思います。

そして、気をつけていただきたいのが、こちらのサンライズクロックは、本体がとても熱くなります。
このままでは、うっかり布団にくっついて発火でもしてしまうのではないかと思い、私は使用を中止しました。

そのこともあり、光目覚しとしての評価は5段階評価の2としておきます。

光を使って、スッキリ目覚めたいのならば、迷わず、ブライトアップクロック、もしくはブライトライトME+をオススメします。

価格はブライトライトME+が39,800円、ブライトアップクロックが15,750円と少々高いものの、明るさが圧倒的に不足しているサンライズクロックのような光目覚しを買っても、結局はスッキリと目覚めることは出来ないわけですから、私としてはブライトライトME+や、ブライトアップクロックを購入するのが正解と思います。

(2017年12月1日追記)以下の内容は光目覚まし時計inti4が日本で発売される前に私が感じていたことです。
現在では、このサンライズクロックよりも性能が良い光目覚ましinti4をおすすめします。

投稿日:2015年7月26日 更新日:

Copyright© 光目覚まし時計 , 2022 AllRights Reserved.